シンクスのポリシー

シンクスの理念は『常識にとらわれず常に考える』です。

店名【Hair esthetics salon THINKS】の意味は、ヘアエステを考える。

ヘアエステ=髪質改善 お客様が本当に求めている髪質を常に考えています。

 

 

シンクスが考える美しいヘアスタイルは、髪質のベースが大切だと考えます。

わざとパサパサ感をだしたスタイルでも、カットやパーマ、カラーとスタイリングで作れますが、 実際に髪が傷んで枝毛切れ毛でパサパサだと本当にイヤなものです。

だからこそいつもきれいな髪質にこだわります。

そして再現性があること。

ハードなパーマでも次にストレートにしたときはサラサラに、激しいブリーチでもきれいにパーマがかかるようにといった、次のスタイルが作れるように考えています。

アンケートで「きれいな髪の条件」というものを何十年も前からよく見かけますが、 時代と共に多少順位が入れ変わったりしますが、大体同じような回答です。

 ・艶がある  ・しっとりしている ・サラサラ ・ハリコシがある ・枝毛がないこと等です。

お客様一人一人に合わせた天然の薬剤やトリートメントを調合

オーダーメードの薬剤で、納得いく思い通りの髪質へと導いていきます。

 

 

シンクスの技術は、一人一人のお客様に合わせて薬剤やトリートメントを調合します。
一人のお客様でも、髪の状態は根元と毛先や表面と内側など場所によって髪の状態が違うからです。
毎回来店時に毛髪診断とカウンセリングで、技術法方法も薬剤も違います。

つまり“オーダーメイド”の薬剤なのです。

細くてハリコシのほしい人にはハリコシを、乾燥する人にはしっとり感を、ゴワゴワがイヤな人はサラサラにします。
信頼でき、気軽に相談できて、一緒に考えてくれる、プロ意識を持った、勉強熱心な美容師が担当させていただきます。

「 今日の技術は、明日のお客様には通用しない。」

この気持ちをシンクスはいつも持って営業しています。

営業は予約優先制(前後3時間完全予約制)

施術時間も他のヘアサロン様よりも時間がかかります。

お客様を1日に施術できる人数も他のヘアサロン様よりも少ないです。

それはすべて最高の技術と接客をするためです。

時間に余裕を持ってご来店ください。


シンクスの接客は、一人一人のお客様を大切に、ヘアエステの技術そのまま反映させたいと思っています。

お湯の温度から・・・冷え性の人はひざ掛けを渡すこと・・・それから腰の痛い人はブランケットを腰にあてて・・・等々。

美容室の行くことが楽しみな人を、一人でも多く!増やしたい!
お客様の喜びがシンクスの最高の幸せです。